千代田区麹町の歯科医院 土屋歯科クリニック &works 院長・土屋賢司の情報・医院情報をご紹介

土屋賢司.com 千代田区麹町にある歯科医院 土屋歯科クリニック &works

不定期コラム:T's VOICE

ここでは、院長 土屋 賢司が、日々の診療から感じた事や
患者様から寄せられる質問などに直接回答をし、
皆様のデンタルIQの向上、またご不安を少しでも取り除けるような
情報ブログとなれば幸いです。

121600.jpg

師走も半ばにさしかかり、令和元年も終わりに近づいてまいりました。

今年を振り返ってみますと、3月に開業30周年も迎え、また拙書ではございますが10月に新刊を発行させていただき、私にとって思い入れの強い一年となりました。
第1期を無事終了したKOデンタル様の東京コースも、ありがたいことに先月より2期目を継続させていただいております。
日々の臨床を続けながらこうした機会をいただけるのは、各学会、スタディグループの先生方、またメーカー様など皆様のお力添えのおかげと痛感しております。

引き続き皆様のご期待に沿うべく、一層の向上を目指して参りたいと存じます。
皆様の健康とご多幸をお祈りいしつつ、恐縮ですが、この場をお借りして年末のご挨拶とさせていただきます。
来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

土屋歯科クリニック&works
土屋 賢司

新刊発行にあたり

包括的治療戦略.jpg

二冊.jpg

このたび、かねて構想を温めておりました「包括的治療 Vol.2 For Functional Management」を、医歯薬出版様より発行させていただきました。
思えば、第1弾の発行より約9年。
また、クリニック開業30周年と言う節目に実現できたこと、大変嬉しく思います。

長きにわたり、チーム医療として共に治療をしていただいている先生方、テクニシャン、スタッフ、また家族にも大変感謝しております。何より言うまでもありませんが、患者様への感謝は常に感じています。
また、平素よりご支援を賜っている各学会、スタディグループの先生方及び、メーカー様はじめ、全ての皆様へも同様に、深く御礼申し上げます。

今後も臨床に専心努力をして参る所存です。
引き続きご指導ご鞭撻をいただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。

IMG_5523.jpg


IMG_5524.jpg


6月22日・23日、第37回日本顎咬合学会学術大会及び総会が東京国際フォーラムで開催されました。6月は顎咬合学会があると認識していますが、毎年講演の機会をいただき大変光栄です。

今年も臨床の最前線ということで、「審美歯科治療」をテーマに「新しいデジタルソリューションによるバイオロジーとファンクションの審美的調和」という演題で講演をさせていただきました。

学会理事長の上田先生をはじめ、座長の河原先生、ご一緒させていただいた小田中先生、荒木先生、またお集まりくださった多くの先生方、歯科関係者の皆様へ感謝申し上げます。

30周年パーティー

01.jpg

02.jpg

03.jpg

4/6夕刻より、当医院30周年パーティーを汐留のFish Bank Tokyo様にて開催いたしました。
ご多忙のところ、お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。
また、多くの方々より祝辞のお言葉などを頂戴し、重ねて御礼申し上げます。

平成元年に開業し、歯科医師として駆け抜けた30年間...
思えば、様々なことがありました。
そして31年目は、新年号「令和」を迎えることとなり、何か運命を感じています。

実はこのパーティーはスタッフとOBの先生方が企画運営し、私もゲストとして招待されました。
準備しているスタッフを垣間見ては、内心心配しておりましたが、当日は感無量!
みんなありがとう!そしてこれからもよろしく!

ただ何より、こうして30周年を迎えられましたのは、皆様方のご支援、ご尽力を賜った結果と深く感謝しております。この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。

10年後、40周年は私は古希を迎えます。
まだまだ若手に負けぬよう、これからも邁進していかねばと気の引き締まる想いです。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
0319.jpeg


このたび、当クリニックは31日をもちまして、開業30周年を迎えることとなりました。これもひとえに、当クリニックを長年支えてくださいました、皆様方のご温情、ご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

 

おかげさまで、この30年間、皆様とのご縁より、様々な経験を積ませていただき、多くの喜びを実感することが出来ました。

 

これからもスタッフ一丸となって「SMILE DESIGN 歯の生涯サポート」をスローガンに、より安全かつ、質の高い歯科治療を実践して参りたいと思います。


何卒、変わらぬご愛顧お引き立てを賜りますよう、心からお願いし、30年間の御礼とご挨拶とさせていただきます。

 

今後とも土屋歯科クリニック&worksをどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

医療法人社団 賢誠会

土屋歯科クリニック&works

理事長 土屋賢司

IMG_E3502.jpg

1128.jpg

18日に有楽町よみうりホールにて、ケーオーデンタル講演会が開催されました。
「ラーニングステージをのぼる」というテーマで、福岡で開業されている元永三先生、林美穂先生、港区開業の天川先生と共に講演させていただきました。
今回の講演は、過去に立ち返り未来を見据えるということで、30年弱の臨床経験の苦悩や反省点、また今後の目標も含めた内容で、症例解説だけに及ばないテーマでした。

約700名収容の素晴らしい会場が満席となり、現在大活躍されている女性歯科医師の林先生、天川先生、大変な功績をお持ちの元先生と共にこのような機会を与えていただき、大変感謝しております。
足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。
1010 2.jpg


クインテッセンス出版様主催の日本国際歯科大会が、10月5日(金)〜7日(日)パシフィコ横浜で開催されました。ワールドデンタルショーも併催され、多くの歯科関係者がご参加されたと思います。

私は7日の午後「審美補綴治療における歯周組織との調和を目指して」という演題で、講演をさせていただきました。今回台風の影響が心配されましたが、多くの方々にご出席いただき誠に感謝申し上げます。

海外から来日された先生方はもちろん、日本の歯科治療を牽引されている多くの先生とセッションができ、大変貴重な3日間となりました。
4年後の開催を楽しみにしながら、私も日々の臨床に励んで参りたいと思います。

また今回この国際大会に合わせてクインテッセンス出版様のメイン誌の三つである「ザ・クインテッセンス」「QDT」「歯科衛生士」に、合同特別企画の特集記事を掲載させていただきました。
Theチーム医療 −3職種で語る14年経過症例− 
私がチームでお世話になっている土屋覚先生、土屋和子先生との対談を交えながら症例を振り返っています。恐縮ながらご報告まで。
 06131.jpg


6月9日(土)・10日(日)と二日間にわたり、第36回日本顎咬合学会学術大会及び総会が東京国際フォーラムで開催されました。

「歯科臨床の最前線・審美歯科治療」をテーマに「審美歯科治療を成功に導く治療計画とその実践」という演題で講演をさせていただきました。
臨床治療がテーマということで、幾つかの症例をもとに日頃の治療を紹介いたしました。患者様のバックグラウンド、治療希望や限られた条件を色々と考慮しながらも、どのようにしたら機能と審美の調和を得られる結果を出せるのか? 臨床からしか見出せないことも多いはずです。今回はそういった意味でも、いつも以上に充実した内容だったと思います。

毎年このような講演の機会をいただけることに感謝し、今後も更に良い発表ができるよう邁進していく所存です。学会理事長の上田先生をはじめ、多くの先生方、歯科関係者の皆様へ感謝申し上げます。
0331.jpg


今年は桜の開花も早く、まさに春爛漫、心も華やぐ季節となりました。
私事ではありますが、この度日本大学大学院歯学歯学研究科歯学専攻過程において、歯学博士号を取得いたしました。また4月1日より日本大学歯学部臨床教授に就任いたします。
30年の臨床経験から得た私の知識、技術を歯科医を志す若者へ伝えていくことも歯科医師としての使命と思っております。来月より精一杯努めて参りたいと思います。

13期OB会を終えて

T02.jpg

T01.jpg

3月18日、ケーオーデンタル福岡営業所様主催の修復治療プランニング&ハンズオンコースOB会が開催されました。
2003年より2年間サポート役を務め、2005年よりスタートした私のコースも13期が終了しました。お陰様で受講生は約200名となり、今年は福岡県中小企業会館大ホールを1日お借りし、11名の先生に日頃の治療成果を発表していただきました。受講生が切磋琢磨し成長する姿を肌で感じ、私自身も身が引き締まる想いでした。
来月より14期がスタートします。また11月よりは東京でよりベーシックな内容のコースも開始予定です。これもケーオーデンタル様のお力添え無しには実現できません。心より感謝申し上げます。
また受講生の先生方はじめ、インストラクターを務める土屋覚先生、山﨑治先生、構義徳先生、内山徹哉先生にも敬意を表したいと思います。
継続は力なり!また初心を忘れず、来月より福岡14期も精一杯務めて参りたいと思います。