千代田区麹町の歯科医院 土屋歯科クリニック &works 院長・土屋賢司の情報・医院情報をご紹介

院長・土屋賢司を知る方にインタビュー T's forum

T'sフォーラム

Vol.8
歯学博士
西山 英史

Vol.7
歯科技工士
犬飼 徹

Vol.6
歯科衛生士
土屋 和子

Vol.5
矯正担当 歯科医師
伝法 昌広

Vol.4
歯科医師
内山 徹哉

Vol.3
歯科医師
構 義徳

Vol.2
歯科麻酔医師
田村 洋平

Vol.1
歯科医師
塙 真樹子

西山 英史Vol.8
西山デンタルオフィス(港区)
院長・歯学博士
西山 英史
http://www.nishiyama-dental.com

その患者さんが自分にとって大切な人、
最愛な人と思って治療をする事。

-先生が治療を進める中で、一番大切にされている事をお聞かせ頂けますか。

西山:まずはコミュニケーション以前に、私が強く思うのは、その患者さんが自分にとって大切な人、最愛な人と想って治療をする事を心がけております。
あとはその治療、患者さんと一生付き合う気持ちで治療をします。
やはり大切な人や家族にいい加減な治療なんて出来ないですし、生涯健康であってほしいと望みますよね。
そのような想いで医院に来られる患者さんの事を思います。
そして結果的に治療のクオリティに妥協ができないという事に行き着いていく訳です。
そのような事を考えると、歯科医師として実力不足であると大切な人も救えない訳ですから。なので日々治療の鍛錬、技術の習得を心がけております。
そういった意味でSJCDというスタディーグループは、私の中でも大切な場所であります。

想いや治療技術以外にコミュニケーションも凄く大切で、患者さんとのコミュニケーションは大前提で当たり前に必要な事ですが、それに合わせて、院内・スタッフとのコミュニケーションが凄く大切ですね。
スタッフとのコミュニケーションが円滑でないと、どんなに最良の治療方法を私が描いていても、私一人では実現できる事ではないですから。
歯科衛生士、歯科助手、受付含めすべてのスタッフとのコミュニケーションがとれていないと最良の治療ができません。喜んで頂けるサービスができません。
また最良の治療といっても、患者さんが求めている事が我々の考える最良の事と同様であるかも違う訳です。
患者さんが何を求めているのか、今現在どうあるべきか、どのような未来になるのか…
このような事を患者さんに共通認識して頂くコミュニケーションが大切ですね。

-これはまさに土屋先生が掲げている、チームアプローチという考えですね。

西山:本当にその通りです。
当たり前ではありますが、全てはそこから始まる訳です。患者さんとのコミュニケーションがとれていないと治ったから終わりであるとか、先生の所で治療したら直ぐに壊れた…..なんて事にも繋がるかもしれません。
それはもしかしたら患者さんの使い方にもよりますし、様々な要因があるかもしれません。ただそれは患者さんが悪いとかでなく、我々が患者さんに未来を伝えきれていないという事だと思うのです。コミュニケーションがとれていない訳です。
壊れない為の事、再び悪くならない様に予防の重要性を伝える事、全てはコミュニケーションが重要と考えます。

人懐っこくてフレンドリーなんですけど、
実は鋭い頭の切れる人

-実際に土屋先生とお知り合いになられてから感じた事、土屋歯科クリニック&worksを見て、
良さなど、感じる事などございますか?

西山:まず土屋先生に関して、一言で言えば妥協を絶対にしない人ですね。何事においても。その妥協を許さない姿勢が医院スタッフにも、隅々まで伝わっているなと感じます。
あと私達の様な歯科医師からの質問や相談に対しても、自分の事の様に真剣に考えてくれます。例えば治療の症例を先生に見て頂いた場合、厳しい意見を言ってくれる訳です。でもそれは患者さんに対しての治療に言っている訳で、治療やチームワークに関しても、常に自分たちの後ろには患者さんがいるという意識を強く持たれてお教え頂いてます。

あと一番の魅力というのは、一見天然に見えて人懐っこくてフレンドリーなんですけど、実は鋭い頭の切れる人、全てしっかりと把握をしている印象がありますね。
治療に対する妥協を許さない厳しい姿勢と人との繋がり、チームアプローチなど人間的にもすごく魅力のある、ON・OFFのバランスが素晴らしい先生だなといつも感心しております。

-私も土屋先生には色々な事を話せてしまう、相談出来る、そんな人間性・側面を感じます。
ですので患者さんも土屋先生にはちゃんと話せてしまう、相談するというコミュニケーションが多く生まれているのかと感じます。

-今後、西山先生が歯科医師として、医院として目指す方向性などございますか?

西山:私は医院を拡張するような経営イメージなどがあまりなくて、むしろ縮小というか、もっと患者さん一人に対しての治療の中身を濃くしていけたらと考えたりしています。
これは医院として掲げるコンセプトを患者さんが理解してくれて初めて治療に対してもコミットできる訳ですが、そのような医院形態を考えていきますと、一人一人の治療時間も増えます。
結果、我々も多くの患者さんを診る事が現実的に難しくなります。
我々が最良と思える治療、それを理解して頂き訪れる患者さん、そんなバランスを考えると拡張路線というよりは、より特化した歯科医院になるというのが今思う方向ですかね。

インタビュー・撮影:グラフレンジ株式会社 小澤 誠