千代田区麹町の歯科医院 土屋歯科クリニック &works 院長・土屋賢司の情報・医院情報をご紹介

院長・土屋賢司を知る方にインタビュー T's forum

T'sフォーラム

Vol.8
歯学博士
西山 英史

Vol.7
歯科技工士
犬飼 徹

Vol.6
歯科衛生士
土屋 和子

Vol.5
矯正担当 歯科医師
伝法 昌広

Vol.4
歯科医師
内山 徹哉

Vol.3
歯科医師
構 義徳

Vol.2
歯科麻酔医師
田村 洋平

Vol.1
歯科医師
塙 真樹子

犬飼 徹Vol.7
L&T DENTAL DESIGN 代表
歯科技工士
犬飼 徹

非常に自分自身の大きな財産になっていると感じています。

-実際に犬飼先生は歯科技工士として、土屋歯科クリニック &wroksの診療にも参加されていますが、医院との出会いというか、きっかけはございますか?

犬飼:やはりデントクラフトに勤めているという事ですね。
代表である土屋覚と土屋歯科クリニック &wroks院長、土屋賢司先生のお二人が共に治療をし、症例を創り上げている関係ですので。
勤めている私としては、自分も理想とする形を見させてもらっている感じですね。
歯科医師と歯科技工士の密接な関係性といいますか、同軸で治療に邁進する姿を目の前で拝見させて頂いているので、非常に自分自身の大きな財産になっていると感じています。

-もちろん土屋歯科クリニック &wroksだけではなく、数多くの歯科医院の診療に携わり、技工物を制作されている訳ですが、その上で犬飼先生が感じる土屋歯科クリニック &wroksのよい部分などございますか?

犬飼:そうですね、技工物を作って終わりという形ではなく、その後の経過観察も含めて、医院と一緒に関わっていける事がものすごく有り難く感じます。
医院のコミュニケーションも素晴らしく、患者さんの要望を踏まえた治療計画や、私たちが求める情報に対するフィードバックも素晴らしいというか、有り難いです。
一緒に参加させて頂き、私からも歯科技工士としての意見を言わせて頂き、患者さんも含めて、皆で治療に進んでいくという感覚を強く持ちますね。

チームワークを土屋歯科クリニック &wroksの様に
高めていきたい

-私も強く感じる事なのですが、治療に関わる全ての人が立っているという印象を受けます。

犬飼:それは、感じますね。私も外部から参加させて頂いている分、医院・スタッフの個性といいましょうか、皆それぞれの立ち位置から患者さんをしっかり見ている感じがあります。
なので、いい意味で責任感も生まれます

 

 

-今後、犬飼先生が歯科技工士として目指す方向などお聞かせ頂けますか?

犬飼:そうですね……もちろんもっと経験をして、最終的な理想としましては独り立ちといいますか、ラボ(歯科技工所)を持ち、その上で歯科技工士として更なる高みを目指していきたいですね。
ただ独立をすることが目的ではなく、やはり歯科技工士として最良の技工物を造り出す、よい治療の一旦を担うことですので、まずは現在所属していますデントクラフト内でのチームワークを土屋歯科クリニック &wroksの様に高めていきたいですね。

インタビュー・撮影:グラフレンジ株式会社 小澤 誠