千代田区麹町の歯科医院 土屋歯科クリニック &works 院長・土屋賢司の情報・医院情報をご紹介

院長・土屋賢司を知る方にインタビュー T's forum

T'sフォーラム

Vol.8
歯学博士
西山 英史

Vol.7
歯科技工士
犬飼 徹

Vol.6
歯科衛生士
土屋 和子

Vol.5
矯正担当 歯科医師
伝法 昌広

Vol.4
歯科医師
内山 徹哉

Vol.3
歯科医師
構 義徳

Vol.2
歯科麻酔医師
田村 洋平

Vol.1
歯科医師
塙 真樹子

中村容子Vol.4
内山歯科クリニック(港区)
院長・歯科医師
内山 徹哉 http://www.uchiyamadental.com/

スタッフは良い意味で大変だと思いますよ(笑)

内山:自身も土屋歯科勤務当時に土屋先生に言われた言葉が、「自分はそれぞれの治療理解が8割以上を得ている。おまえは7割出来ることを目指せ」でした。

ー歯科治療の専門性の高い知識をそれぞれ理解するという事は、相当な労力ですね。

内山:そうですね、本当にそう思います。相当な勉強と検証、経験を積んで行かなければならない事です。
それを実践し、さらに症例であったり、セミナーであったり、世の中に発表されている事も土屋先生の素晴らしさであります。

ー世の中に症例や、セミナーという発表を行い、歯科界の情報を見ている事、また見られているというは、発表する土屋先生も常に全前進し続けなければならない事だと思います。
そして前進し続けるという事は土屋先生だけでなく、それに関わる方々の成長や意識も高くなくてはいけませんね。

内山:土屋歯科クリニック &worksのスタッフは良い意味で大変だと思いますよ(笑)
ただスタッフもモチベーション高くれば、相当な技術と知識を身に付けられるのではないでしょうか。実際に土屋歯科クリニックのスタッフは治療技術からサービスまで、みなさん意識が高く、私の医院でも常に手本にしています。

社会貢献という考えで歯科治療に従事して行く事

ー治療の技術やチームアプローチのメリットなど患者さんは中々感じにくいものであると思います。世の中の方に、こんな考えで治療を行っていると伝える方法はあるのでしょうか?

内山:そうですね…..チームアプローチという考え方は患者さんへの直接的なメリットや売り文句になるものではないと思います。
今お話した内容は、あくまで医院サイドの考え方であって、患者さんから見れば要望を満たしてくれる治療であれば何でも良い訳です。
ただ、私たちや土屋歯科クリニック &worksが考える事は「その考え方や方法が必要だから」だと考えます。
しっかりと信頼関係を築き、望んでいる方向もお聞きし更には医師として最良の治療提案も行う。
そして、治療提案を押す事ではなく何が必要かを一緒に考えるかという事ですね。

ー今後目指す歯科医師像などございますか?

内山:歯科医師像としては、まさしく今の土屋先生を目指していく事になるのですが、ひとつ考えるとすれば、社会貢献という考えで歯科治療に従事して行く事ですね。
自分が最大限力を発揮し出来る事。それにより健康になり喜んで頂ける方がいるという事。
やはり歯科治療を行うことが一番得意な訳ですから、自分なりの治療を常に追求しそれを実践していくことが大きな考えです。
後は自分自身が土屋先生にして頂いた様にこれまで得た事と、そしてこれから得る事も更なる若い歯科医師にも継承出来れればと思います。

インタビュー・撮影:グラフレンジ 小澤 誠