千代田区麹町の歯科医院 土屋歯科クリニック &works 院長・土屋賢司の情報・医院情報をご紹介

院長・土屋賢司を知る方にインタビュー T's forum

T'sフォーラム

Vol.8
歯学博士
西山 英史

Vol.7
歯科技工士
犬飼 徹

Vol.6
歯科衛生士
土屋 和子

Vol.5
矯正担当 歯科医師
伝法 昌広

Vol.4
歯科医師
内山 徹哉

Vol.3
歯科医師
構 義徳

Vol.2
歯科麻酔医師
田村 洋平

Vol.1
歯科医師
塙 真樹子

Vol.3
土屋歯科クリニック &works勤務
歯科衛生士
中村 容子

日々向上を目指している環境が非常に大事で、
皆が頑張る中でそれぞれが引っ張り合い、向上して行く。

ー実際に歯科衛生士になられる前の感覚と、なった今だから言える違いなどございますか?

中村:正直、歯科衛生士になる前となった後では全然違いました。
自分が浅かったといえばそれまでなんですけど、もっと簡単なものだと思っていました。
歯科衛生士は歯を削る事は出来ないですが、やはりある程度の病状を理解していかないといけません。自分が今まで歯科医院に治療にいった時の、いわゆる歯科助手さんのイメージの延長でしか見ておらず、歯科衛生士というものを理解はしていなかったですね。

ー実際に歯科衛生士になられてはどうですか。

中村:知識・技術を習得するのにどんどん夢中になり、歯科衛生士としての成長を大きく考えました。
ただ最初は地元の歯科医院にて、歯科衛生士として勤めていた訳ですが、成長と共にどんどん疑問が湧いてきたんです。
「この患者さんはどういった経緯で歯が悪くなったのだろう?」
「治療が終わった後の患者さんの状態はどうなるのか?」
など、その場の歯科衛生士としての職務を遂行する以上に、歯学的な興味といいますか…..もっと深い部分も知り、自分も歯科衛生士として関わって行きたいと思えたのです。
それを解決する為にはもっと自分が勉強しなくてはいけないと思いまして、高いレベルの所に身を置いてみたいと考え、地元を離れ上京して土屋歯科クリニック &worksにて雇って頂いた感じです。

ー環境を変えて感じた事などございますか?

中村:意識の高い所で成長して行きたいと考え、東京のクリニックに勤めた訳ですが、そのような想いの中で土屋歯科クリニック &worksと巡り会えた事は本当によかったです。

土屋歯科クリニック &worksでは、チームアプローチにて治療を行います。
これは何よりも患者さんの為のものでありますが、同時にスタッフのレベルアップにもなる訳です。
例えば院内のミィーティングなどで、治療中の患者さんの状態を担当者が皆に説明をしていくシーンがあります。医師の見知から見た意見を聞き、私たち歯科衛生士としての意見や他のスタッフも同様に意見を出し合うのです。
その上で、
「この患者さんにはこのプランがいいのではないか?」
「他の歯の治療を考えて、治療期間中盤にはケアの期間を設けよう。」
など、ディスカッションして決定していくのです。

ここで重要なのは、各専門医やスタッフからの意見を聞き、理解し、自身も伝えるには、やはりある程度の知識がなくては聞けません。
自分の専門外だから…..なんて構えていると、置いていかれてしまします。
この日々向上を目指している環境が非常に大事で、皆が頑張る中でそれぞれが引っ張り合い、向上して行く….。
そしてそれは全てにおいて患者さんの為となる訳でして、このような相乗効果といいますか….
向上して行く事のアプローチが非常に素晴らしいといいますか、土屋歯科クリニック &worksにて歯科医療に関わって感じた事、今現在も深く思っている事ですね。

ー患者さんなどは実際の担当医や担当衛生士としかお会いする機会が少ないかもしれませんが、
担当スタッフ以外もしっかりと患者さんに関わっている訳ですね。

中村そうです、なかなか全ての患者さんとお話をしたり直接関わる事は難しいのですが、患者さんの見えない所でも、土屋歯科クリニック &worksスタッフはしっかりとサポートしていきますよ!

インタビュー・撮影:グラフレンジ 小澤 誠