千代田区麹町の歯科医院 土屋歯科クリニック &works 院長・土屋賢司の情報・医院情報をご紹介

院長・土屋賢司を知る方にインタビュー T's forum

T'sフォーラム

Vol.8
歯学博士
西山 英史

Vol.7
歯科技工士
犬飼 徹

Vol.6
歯科衛生士
土屋 和子

Vol.5
矯正担当 歯科医師
伝法 昌広

Vol.4
歯科医師
内山 徹哉

Vol.3
歯科医師
構 義徳

Vol.2
歯科麻酔医師
田村 洋平

Vol.1
歯科医師
塙 真樹子

来院される前に私たち土屋歯科クリニック &worksの事をもっと知って頂きたい.....。
それは治療内容ばかりではなく、院長の紹介ばかりでもなく、 医院に働くスタッフこそが、医院力であると考えます。
院内の歯科医師や衛生士、受付の医院スタッフはもちろん治療に関わる外部スタッフなども紹介して行きます。

田村洋平Vol.2
歯科麻酔医師
田村 洋平

患者さんの負担を減らし、なおかつ歯科医師の治療も
円滑に進む様にする事が歯科麻酔医師の大きな役割ですね。

ー田村先生が歯科麻酔医師として土屋歯科にて治療に関わっておりますが、具体的に歯科麻酔医師の治療への関わりとはどのような内容なのでしょうか。

田村:なかなか一般の方には歯科麻酔科医師という分野はなじみがないものと思いますが、患者様が快適に歯科治療を受けて頂ける様にすること、また治療担当の歯科医師が安心して治療を行えるようにすること、それが歯科麻酔科医の役割です。患者様の中には歯科治療が苦手な方も多いのではないでしょうか。
また治療中に気分が悪くなったことがある方も多いと思います。歯科治療の中には、痛いこと、口を長時間開けていること、型取りの時に気持ち悪いことなど、患者様にストレスがかかる処置が数多くあります。
治療時のストレスは、患者様の身体に予期しない事故を招くことがあります。血圧が高くなり、脳や心臓などの重要な臓器にダメージを与えてしまうことも少なからずあります。そこで歯科処置の際に、麻酔薬によって患者様に寝て頂き、あらゆる歯科処置のストレスから患者様を解放することが、我々歯科麻酔科医師の役割です。主に歯科麻酔科医師は歯科の手術時(抜歯術・インプラント手術など)に患者様に麻酔を行うことが多いですが、歯のクリーニングなどでも恐怖を感じる患者様にも麻酔を行うこともあります。
また内科的疾患をお持ちの患者様に対しては、内科主治医の先生と相談して歯科治療の計画を立てることも多くあります。

ー例えば、歯科という部分に限らず麻酔をするという事はなかなか経験をする事は少ないと思います。
麻酔への恐怖などを感じる患者さんなどもいらっしゃるのではないでしょうか?

田村:始めは麻酔への恐怖心を訴える患者様もいらっしゃいます。
ただ、我々の行う麻酔は極めて安全であるとご安心下さい。
担当する麻酔科医師は全身麻酔・静脈内鎮静法の研鑽を積み、日本歯科麻酔学会認定医の資格を有しております。手術中は血圧や脈拍、心電図などを監視し、患者様の身体に異常がないかを常にチェックしています。全身の状態を確認しながら麻酔の量も調整し、常に監視・管理を複数のスタッフが行っています。一度麻酔を受けていただいた患者様のほとんどが、次も麻酔をかけて治療をしたい、という患者様がほとんどです。
土屋歯科クリニック &worksの治療はチームアプローチで行うため、一人の患者様に各分野専門の歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士が関わります。
患者様の問診票に記載された情報だけでなく、患者様一人一人のパーソナリティーに基づいて治療計画を立て、患者様の情報を歯科医院全体が共有しています。そのため綿密な管理を行うことが可能となります。
たしかに未経験の事は不安を感ますが、治療のストレスを軽減し、快適な治療を受けていただけると自負しています。

ー各分野の専門医がいて、治療を行うことは本当に安心でありますね。