千代田区麹町の歯科医院 土屋歯科クリニック &works 院長・土屋賢司の情報・医院情報をご紹介

院長・土屋賢司を知る方にインタビュー T's forum

T'sフォーラム

Vol.8
歯学博士
西山 英史

Vol.7
歯科技工士
犬飼 徹

Vol.6
歯科衛生士
土屋 和子

Vol.5
矯正担当 歯科医師
伝法 昌広

Vol.4
歯科医師
内山 徹哉

Vol.3
歯科医師
構 義徳

Vol.2
歯科麻酔医師
田村 洋平

Vol.1
歯科医師
塙 真樹子

来院される前に私たち土屋歯科クリニック &worksの事をもっと知って頂きたい.....。
それは治療内容ばかりではなく、院長の紹介ばかりでもなく、 医院に働くスタッフこそが、医院力であると考えます。
院内の歯科医師や衛生士、受付の医院スタッフはもちろん治療に関わる外部スタッフなども紹介して行きます。

西山 英史Vol.8
西山デンタルオフィス(港区)
院長・歯学博士
西山 英史
http://www.nishiyama-dental.com

実はあまり最初から歯科医師になるぞ!と、
強く志していた訳ではなかったんです。

-西山先生が歯科医師になられた、目指したきっかけなどございますか?

西山:私自身、実はあまり最初から歯科医師になるぞ!と強く志していた訳ではなかったんです。強く思っていたのが人と接する仕事をしたいという気持ちと、モノを創りだすクリエイティブ色が強い仕事をしたいという2つの想いがありました。
あと人に感謝される仕事をしたいと言う事、有り難うといわれてお金を頂ける仕事、こんな事を考えていました。
元々は高校3年くらいまで私は文系でした。 マスコミやテレビ関係の仕事なんかいいなと思っていたくらいです。
ですが様々な人との出会いやお聞きする話しから、歯医者というのはいいぞ!という話しを聞いて、 比較的安易な気持ちで歯科医師を志しました。 元々機械いじりや何か細かい作業をする事も好きだったので、勝手に向いているのでは…なんて考えたりもしましたね。
結果的に歯医者というのが先に述べた、人と接する仕事、クリエイティブ色が強い仕事という2つの要素を満たす仕事でありまして、偶然ではありますが良い仕事に巡り会えたなと思っております。

-ご家族や家系に歯科医師がいてという訳ではないのですね。

西山:そうですね、そのような事はなく自分で歯科医師になる事を選択しました。

人柄から一気に土屋先生のファンになってしまったのを
よく覚えています。

-西山先生の土屋先生との出会いはどのような感じだったのですか?

西山:出会う前から雑誌や症例等を拝見しておりまして、よく存じていました。
やはり有名な先生ですので最初は勝手に近寄りがたいというか、簡単にはお近づきできるイメージは無かったです。
初めてお話したのがLAで行われたSJCDのサマーセミナーというものがありまして、私もセミナーに参加していたのですが、その際に偶然にも様々なお話をさせて頂けた機会がございました。
お話をさせて頂いた感想としては、凄く気さくで話しやすい先生で私がイメージしていた土屋先生とは大きく違っておりました。
色々なお話をさせて頂いた事と、人柄から一気に土屋先生のファンになってしまったのをよく覚えています。

西山:その後、私も開業を考えるタイミングがございまして、この時はまだそこまで親しくさせて頂いてた関係性ではなかったのですが、憧れの先生でありましたので恐縮ではありましたが、開業のご挨拶をご連絡させて頂きました。
そうしましたら大きな素晴らしいお花をお贈り頂きまして、その時は大変感動しました。
また開業したエリアも近い事もあり、現在は相談もさせてもらったり親しくさせて頂いております。

これは余談なのですが、実は開業を考えていた際、いくつか候補にあった物件の中で ほぼ契約を決めていた物件がありまして、なんとそれが現在の土屋歯科クリニック&worksの斜め向かえだったのです。 その物件は契約目前でありましたが様々な理由で結果、契約には至りませんでした。 
私が開業場所を模索しているタイミングが、実は土屋歯科クリニック&worksの移転時期とほどんど同時期、同じタイミングであったので、お互いに知らずにいた形でありました。

-歯科医院の場合、多い所では交差点に2~3医院ある場所もございますが、かなりの強敵とバッティングする可能性があったのですね。

西山:本当にその場所で開業をしていたら、今も医院を存続出来ていたか判りませんし(笑)
もちろん今のような関係性は築けていなかったかも・・・と想像してしまいます。

-契約直前に話しが流れたことがターニングポイントだった訳ですね。

西山:今は笑い話ですが本当にそう思います。(笑)