千代田区麹町の歯科医院 土屋歯科クリニック &works 院長・土屋賢司の情報・医院情報をご紹介

土屋賢司.com 千代田区麹町にある歯科医院 土屋歯科クリニック &works

土屋歯科クリニック &worksだからできること

歯科医院として。医療に関わる者として。 そして、この社会に生きる人間として私たちができること。

T's CREDO

土屋歯科クリニック &worksはチームワークを基に日々の研鑽により得た最高の知識と技術対話の中で患者様に還元することは勿論の事、長期にわたる術後のケアと心のこもった応対および快適さの提供をもっとも大切な使命と心得ています。
また医療に携わる者として口腔内の健康を常に時間軸の中で把握し、誠実さと奉仕の精神を忘れない様心がけます。
常に歯科医療向上のための情報収集および施設充実を行い、歯科治療を通し社会に貢献できる体制つくりとその継承に努めます。

1C cure治療・技術:レベルでの治療技術の習得は、長年に渡る日々の積み重ねにより可能となります。

土屋歯科クリニック&Worksは通常の保険診療はもちろん、インプラント治療から矯正治療、歯周治療、補綴治療、審美を目的とした治療、ホワイトニングや外科治療まで歯科治療のすべてをお応えできるよう日々の技術研鑽を続けております。

すべての治療をチームアプローチにより行うことで、より高度な歯科診療が可能になる事とより円滑に治療が進みます。

2C cure:治療・技術1C care:ケア・メインテナンス 治療終了がゴールではなくスタートと考えればメインテナンスケアの重要性はおのずと理解頂けると思います。健康な口腔内環境の維持に私たちは真剣に取り組んでいます。

治療のゴールがスタートです。私たちは治療後も疾病の進行予防のために定期検診を通して、口腔内疾患の早期発見、カリエスリスク検査、歯周病菌検査によるリスクレベルを把握し、その予防処置の方法考案とメインテナンス全般に注力します。
またホワイトニングケア、リップケアなど審美に関するケアも行なってます。

3C communication:コミュニケーション 医院の雰囲気およびこれからの治療内容を十分に理解・満足頂くために、対話とともに時間をかけた説明を行ないます。また院内においてもスタッフ間で情報の共有をして治療に携わります。

100人いれば100通りの悩みやご要望、治療プランがあります。
土屋歯科クリニック&Worksでは開業時より行っている、患者さん一人一人の口腔内の資料を作成し、患者様と話し合い、一人一人のライフプラン及び、人それぞれ違う免疫などに合わせながら治療プランを考えていきます。
そして常に患者さんに満足頂く為、患者さんの状況などを情報だけでなく、スタッフ間で細かなニュアンスを含め共有する事で、満足頂ける歯科医院を目指しております。

4C confort:治療される空間が最新かつ快適であるように、院内設備から機器など機能的・感覚的に最適であるよう心がけております。

歯科治療は時として、とてもネガティブにとらわれがちです。
私たちは医院に、治療に来て頂く患者さんがどのような状況においても、リラックス出来る環境づくりを心がけております。医院設備の快適さは元より、各種デザイン(コンセプトブック・取扱用品の案内など)、また各エリアにおける照明、音楽、アロマなどによる空間作りなど患者様が 見る・触れるものすべてにおいて快適さを追求します。

5C cordiality:誠実さ 最適で誠実な治療ができるよう、各分野のスペシャリストとも連携をとり、チームアプローチによる妥協のない治療を常に提供できる体制を目指しております。

さまざまな治療の状況下において、できる限りの最高の治療をする様心がけています。
そのためには医院内スタッフとの連携はもちろんのこと、外部から信頼する各専門医・衛生士・技工士・歯科麻酔医などのスタッフと連携をとり、共にチームアプローチによる最高の治療を常に提供できる状態であることを目指しております。

6C contribution:貢献 治療を通して社会に対し歯科医療の側面から貢献することに努め、また様々な講演活動を行いながら歯科界にその意思を波及していくことを考えます。

歯科医院として、歯科医師として私たちは多くの事を経験・勉強させて頂いていると考えます。
私たちも良き指導者との出会いにより、歯科医師としての今があると考えます。
講演会などに参加させて頂き経験を語る事により、より多くの歯科医師のスキルアップを促進し、社会全体がレベルの高い治療を受けられることを目指し、歯科界にその意志を波及していくことを考えます。

7C continuation:継続・継承 長期にわたる術後のメインテナンスケアを継続していくことはもちろんのこと、セミナーや書籍の執筆発刊、専門誌等への症例・論文掲載などにより、広く後進の指導・技術の継承に努めます。

歯科医師としての貢献をさらに深く考え、論文の発表から症例公開、書籍の発刊にも注力し、さらなる技術の継承を進めます。
深い継承を考え、歯科医療技術促進のBasic Seminarを主催し、より密度の濃い形での後進指導にも力を入れ、日本の歯科医療レベルの発達に少しでも貢献出来ればと考えます。